黒留袖・色留袖を着るときに必要なものとは? | 着物を着るのに必要な小物

黒留袖・色留袖を着るときに必要なものとは? | 着物を着るのに必要なもの

黒留袖・色留袖を着る時に必要なものまとめ!きもの着用時のマナーと知識

結婚式や子どもの行事など、お祝いの席で着物を着るという人も多いのではないでしょうか?

しかし日本の伝統的な衣装である着物には、様々なマナーが存在します。

洋装に比べて和装は必要な小物も多く、常に場面に合わせた装いが求められます。

では、お祝いの席で着る黒留袖や色留袖の場合には、どんなものを用意すれば良いのでしょうか。

今回は、「黒留袖・色留袖を着るときに必要なものとは? | 着物を着るのに必要なもの」と題しまして、お祝いの席で着る黒留袖・色留袖に必要なものをご紹介いたします。

黒留袖・色留袖に合わせる草履とバッグの選び方のポイント | 留袖に最適な草履バッグセット

2018.11.08

着物は合わせるバッグで一層ステキになる!和装バッグの選び方のポイント

2018.09.07

もう悩まない!着物に合わせた草履の選び方 | 草履選びのポイント

2018.09.05

黒留袖・色留袖を着る際に必要な小物リスト

2017.02.15

結婚式の着物~黒留袖・色留袖編~

2017.02.02

着物の下に着るもの 【黒留袖・色留袖に必要なもの・小物】

いきなり素肌の上から黒留袖や色留袖を着るわけではありません。

そんなことをするとせっかくの着物が汗を吸い、傷んでしまう原因となります。

それを防ぐためにも必ず着物の下には肌着を着用します。

黒留袖 色留袖 必要なもの 小物 肌襦袢 肌着

肌襦袢(肌着)

>>肌着・襦袢をもっと見たい方はこちら

一般的な肌着は上下が分かれており、上半身に肌襦袢を着用した後に、腰のあたりから裾よけを巻き付けるというのが基本です。

この上下が分かれているタイプが面倒だという場合には、ワンピースのように上下がつながったものもあるので、そちらの肌着を着用すると良いでしょう。

そして肌着を着用したら、次は長襦袢というものを着ます。

黒留袖 色留袖 必要なもの 小物 長襦袢

長襦袢

>>長襦袢をもっと見たい方はこちら

洋服でもインナーであるキャミソールを、あえて人に見えるように着ることがありますよね?

これと同じで長襦袢は肌着と同様に、汗から着物を守る役割を果たすだけではなく、着物の上から少しだけ見えるような状態になるのです。

そのため、その場に合わせた色や柄の選び方に注意が必要です。

一般的に着る着物であれば、色や柄は好きなものを選んでも良いのですが、結婚式などのフォーマルな場面になると、できるだけ色が淡いもの、もしくは白いものを選ぶのがマナーです。

特に新郎新婦の母親が着る黒留袖は、正礼装なので必ず白い長襦袢を着用します。

また長襦袢には必ず半衿を縫い付けておく必要があります。

黒留袖 色留袖 必要なもの 小物 半襟

半衿

>>礼装用半衿をもっと見たい方はこちら

これも黒留袖や色留袖を着る場合には白色を選ぶのがマナーです。

帯を巻くのに必要なもの 【黒留袖・色留袖に必要なもの・小物】

着物をより華やかに見せてくれるアイテムとして欠かせないのが帯ですが、この帯選びも場面に合わせて選ぶ必要がある大切なものです。

また着物の着崩れを防止するなどの役割もあるので、きちんと準備しておく必要があります。

まずは腰ひもですが、これは着付けを始めてから帯結びまでに何度か登場する必須アイテムです。

黒留袖 色留袖 必要なもの 小物 腰ひも

腰ひも

>>腰ひもをもっと見たい方はこちら

肌着を含めて何枚も重ね着をするからこそ、1枚でもずれてくると全体が崩れてきてしまいます。

それを防ぐためにも、しっかり腰ひもで形を整えることが大切です。

どれだけ必要かは個人差がありますが、大体3本ほどあれば安心して着られるでしょう。

そして腰ひもと同様にベルトの役割をする伊達締めですが、これは腰ひもよりも太さがあるため、着崩れをしっかり防止してくれます。

黒留袖 色留袖 必要なもの 小物 伊達締め

伊達締め

>>伊達締めをもっと見たい方はこちら

長襦袢で1本、着物で1本使用するので、合計2本あれば問題ありません。

次に帯板です。

薄い板ですが、これを帯の間に挟み込むことによって、前帯にシワができるのを防ぎます。

黒留袖 色留袖 必要なもの 小物 帯板

帯板

>>帯板をもっと見たい方はこちら

この帯板もものによって長さが違い、長いものがフォーマル用、短いものがカジュアル用となっています。

帯板を入れることで正面の姿が綺麗にきまるのですが、帯の柄だけでは見た目が寂しくなってしまうので、より華やかさをプラスし、帯結びをしっかり支える意味でも欠かせないのが帯締めです。

黒留袖 色留袖 必要なもの 小物 帯締め

帯締め

>>礼装用の帯締めをもっと見たい方はこちら

この帯締めには様々なデザインがあるのですが、一般的に平組、丸組、丸くげという順番に格が上がっていくので、着物を着る場に合わせて付ける帯締めを決めると良いでしょう。

その他の小物とあると便利なもの 【黒留袖・色留袖に必要なもの・小物】

この他にも縁起の良い「末広がり」を意味する祝儀扇や、金・銀を基調とした礼装用の草履とバッグ、草履をはくための足袋など、着物以外にも祝いの席で必要なものはいくつかあります。

では必ず必要というわけではないけれど、あると便利なものにはどんなものがあるのか、いくつか紹介していきます。

まずコーリンベルトですが、これは腰ひもや伊達締めの代わりとして使えるアイテムです。

黒留袖 色留袖 必要なもの 小物 コーリンベルト

>>コーリンベルトをもっと見たい方はこちら

肌着を金具で挟んで止めることで、着崩れを防止します。

ゴム製ベルトなので体型に合わせて伸び縮みし、体を締め付けることなく着用できます。

次に補正パッドですが、これは反り腰の癖がある人が使用すると便利なアイテムです。

黒留袖 色留袖 必要なもの 小物 補正パッド

補正パッド

腰が反ると帯を結んだときにへこみができてしまい、お太鼓がうまくできません。

それだけではなく、帯にシワがよったり、ゆがんできたりという着崩れの要因にもなるので、形を補正するためにもパッドが必要です。

もしもない場合には、家庭にあるフェイスタイオルで代用も可能です。

着物を着るのに必要なものは意外とたくさんある

着物は必要な小物が多く、きちんと着るのもとても大変な装いです。

特に場面に合わせて格をそろえることも必要ですし、全部をそろえようと思うとお金もかかります。

しっかり準備しておかなければ、当日すぐに着崩れを起こしてしまうなどのトラブルも考えられます。

お祝い事で着るのであれば、準備漏れのないようにしっかりチェックをしながら用意することが大切です。

キステトップページへ

>>装飾小物や着付け小物をもっと見たい方はこちら

黒留袖フルセットレンタル

>>黒留袖を着るのに必要なものが全部揃ったフルセットレンタルはこちら

色留袖フルセットレンタル

>>色留袖を着るのに必要なものが全部揃ったフルセットレンタルはこちら

黒留袖・色留袖に合わせる草履とバッグの選び方のポイント | 留袖に最適な草履バッグセット

2018.11.08

着物は合わせるバッグで一層ステキになる!和装バッグの選び方のポイント

2018.09.07

もう悩まない!着物に合わせた草履の選び方 | 草履選びのポイント

2018.09.05

黒留袖・色留袖を着る際に必要な小物リスト

2017.02.15

結婚式の着物~黒留袖・色留袖編~

2017.02.02
黒留袖・色留袖を着るときに必要なものとは? | 着物を着るのに必要なもの

「もっと自由に・もっと自分らしく」
着物ライフを楽しみませんか?


キステでは、着物をより身近に楽しんでいただくためにネット通販を行っております。
トータル和ライフセレクトショップをテーマに、着物や帯などのメインアイテムから、草履や草履バッグセット、帯締め・帯揚げ・髪飾りなどの装飾小物、ご着用の時にお使いいただく着付け小物やギフトに最適な和雑貨、結婚式や成人式・行事ごとなどに便利な着物レンタルなど、定番品から一点もの、レンタル品まで多数取り揃えております。
みなさまの思い出作りにご活用いただけたら幸いです。ぜひお気軽にご利用ください!