日本全国紬の違いについてPart 1~北は山形南は滋賀まで~

こんにちは!キステの吉田です。 今日は、全国各地の「紬」をご紹介する第一弾♪ 紬ってどんな着物…?という方は、こちらで復習ができます。


 

山形の代表的な紬

置賜紬

山形・の、米沢市・長井市・白鷹町で生産される織物の総称です。 江戸時代の中期に「養蚕」や「織物」が発達し、産地としての体制が整いました。

山形・置賜紬

 

 

 

※参照:http://www.tohoku.meti.go.jp/ この置賜紬の古くから受け継がれた技術、 技法は地区別に異なります。 白鷹町は米琉板締小絣・白鷹板締小絣、長井市は緯総絣・併用絣、 米沢市は草木染紬・紅花染紬で、いずれも先染の平織で 野趣に富む素朴な風合いが特徴です。 ここでは代表的な2種類をご紹介します。   ▼米沢紬 紅花から抽出した液で、紬の糸を染めます。 何十回も液をくぐらせることで、濃い紅色が染まり その後、丁寧に手作業で織られます。 紅花の他、植物染料として「茜」や「藍」「刈安」などがよく用いられ 現在は雨コートや袴地が多く織られています。   ▼長井紬 「絣織」が特徴です。 緯糸のみで絣柄を織る「緯糸絣」と、 経糸と緯糸で絣柄を織る「経緯絣」があります。 柄は、麻の葉や亀甲など古典柄が多く、 色はシックな茶や紺が多いため、品の良い風合いです。

新潟・の代表的な紬

塩沢紬

南魚沼市周辺で織られている先染めの織物です。 江戸時代より、越後上布の技法を取り入れ織り始められました。 「蚊絣」と呼ばれる細かい十字絣や、亀甲絣が特徴。 色遣いはシンプルで、白・黒・藍が基調となっているため 男性用の着物としても人気です。

 

※参照:http://kougeihin.jp

栃木・・茨城・の代表的な紬

結城紬

前回のブログページをご覧ください。

東京都の代表的な紬

・村山大島紬

板締染色と手織りが村山大島紬の特色です。 先染した絹糸を手織りするのですが、 経糸、緯糸のほか地糸、絣糸ごとに別々の染色、糸巻きの工程があり複雑です。 昭和42年3月に東京都の「無形文化財」の指定を受けています。

※参照:http://kougeihin.jp

石川・の代表的な紬

牛首紬

前回のブログページをご覧ください。

滋賀・の代表的な紬

・秦荘紬

滋賀・の秦荘町で、戦後に生まれた織物です。 近江上布の優れた技法を真綿紬糸に取り入れ、 丹念に、多くの過程を経て織り上げられており、 滋賀・伝統的工芸品の指定を受けています。

長野・の代表的な紬

信州紬

長野・下で生産される紬の総称です。 信州では古くから、「あしぎぬ」が織られ、 くず眉を紡いで自家製の着物を織っていたのが、紬のもととなります。

参照:http://chitoseya.kakutarou.com 長野・全域10市17町村で生産される手織紬をいい 伝統的工芸品指定品に指定されています。 山繭紬(野蚕紬)、上田紬、飯田紬、 伊那紬、絁紬(あしつむぎ)、絓紬(しけつむぎ) ふとり紬などがあります。 18世紀初期から生産され 野蚕とくに天蚕糸使いは希少価値があります。 ここでは代表的な3種類をご紹介します。

▼上田紬

藍色の縞や、格子柄が有名です。 江戸時代は藍縞がオーソドックスでしたが、 現在では多色で織られています。

▼飯田紬

りんご、柿、梅などで糸染がされます。 現在では、手機で織られたと白生地の生産が主流となっています。

▼伊那紬

ざっくりとした素朴な風合いが特徴。 天竜川流域に自生する植物で染めた、味わい深い色が人気です。


 一言で紬といっても、地域によって名称や特色が異なります。 ご覧いただいた通り風合いも全く異なるので、 とっても奥の深い着物です。   現在ではアンティーク着物として 中古で安く販売がされていることもあります。 ぜひ、掘り出し物を見つけてみてください。   次回も続きとして各地の紬についてお伝えします。 おたのしみに!

「もっと自由に・もっと自分らしく」
着物ライフを楽しみませんか?


キステでは、着物をより身近に楽しんでいただくためにネット通販を行っております。
トータル和ライフセレクトショップをテーマに、着物や帯などのメインアイテムから、草履や草履バッグセット、帯締め・帯揚げ・髪飾りなどの装飾小物、ご着用の時にお使いいただく着付け小物やギフトに最適な和雑貨、結婚式や成人式・行事ごとなどに便利な着物レンタルなど、定番品から一点もの、レンタル品まで多数取り揃えております。
みなさまの思い出作りにご活用いただけたら幸いです。ぜひお気軽にご利用ください!