きもの入門編~紬~

こんにちは。 こだわりきもの専門店Kisste(キステ)のヨシダです。 お着物の種類について数回にわたりお話をしておりましたが   今回の主役は「紬(つむぎ)」です。 とってもたくさんの種類がありますので その中からピックアップしてお伝えします。

◎紬(つむぎ)とは?

紬1 紬2

紬糸を使った、先染めの織物を「紬」といいます。 *真綿から糸を引き出して手織り機で織られるものや、 大島紬のように、生糸を使っておられるものもあります。 (*真綿…繭を煮て柔らかく広げたもの) 織られる地域によって様々な特色があり、 多くは縞や格子柄、絣柄を組み合わせて模様を織り出しています。 昔は、「どんなに高価でも紬は普段着」とされてきましたが 洒落着として人気が出てからは、絵羽模様のものは準礼装としても用いられます。

有名な紬

 

◇大島紬(おおしまつむぎ)産地:鹿児島・大島郡

大島

艶感のある、軽い肌触りが特徴です。 「泥大島」 「泥藍大島」 「草木染大島」 「白大島」 など種類も多く、また根強いファンも多くいます。 模様は「蘇鉄」など、島の自然が絣で表現されています。 染料となるのは「*車輪梅」といわれる植物。 (*地元では「テーチギ」と呼ばれ、春に梅のような白の花が咲きます。) 何度も染料につけ、またその糸を泥田につけ揉み込むことにより 堅牢で美しい風合いとなるのです。 元々は普段着だったものが、お洒落着へと格が上がり、 最近では付下げや訪問着まで織られています。

大島2

◇牛首紬(うしくびつむぎ)産地:石川・石川郡白峰村

牛首紬訪問着

釘をひっかけても破れずに、釘の方が抜けてしまうほど丈夫といわれ 「釘貫紬」とも呼ばれています。 大変丈夫で、張りのある風合いが特徴です。 元は「麻」が主に使われていましたが、 明治の末頃から「絹」の紬が増産されるようになりました。 特徴は、やはり「*玉繭」を使用すること。 (*玉繭:二匹の蚕が1つの繭を作り上げたもの。大きく丸い。) 真綿から糸を引くのではなく、玉繭から直接手作業で糸を紡ぐため 熟練の技術が必要となります。 昭和63年には、 「定められた製法で100年以上継続して作られるもの」だけに与えられる 「国の伝統工芸品」に指定されました。

牛首

◇結城紬(ゆうきつむぎ)産地:茨城・結城市

結城紬

紬の代表格ともいえる、結城紬。 真綿から撚り出した糸で織るため、ふわっとした肌触りで暖かく、 多彩な色遣いが特徴です。 中でも、重要無形文化財の保持団体による高い技術で織られた 「本場結城紬」は、着るほどに体になじむ憧れの逸品です。 1枚の結城紬を織り上げるためには、長い月日がかかります。 着物1枚に必要な真綿の数は、およそ350枚。 熟練者でも糸を撚るのに3か月もかかります。 柔らかく、体になじむため、着崩れしにくいのも人気の理由です。   *** 紬の魅力、少し伝わりましたでしょうか。 次回は地域ごとの、紬のいろいろをご紹介します! お楽しみに。

「もっと自由に・もっと自分らしく」
着物ライフを楽しみませんか?


キステでは、着物をより身近に楽しんでいただくためにネット通販を行っております。
トータル和ライフセレクトショップをテーマに、着物や帯などのメインアイテムから、草履や草履バッグセット、帯締め・帯揚げ・髪飾りなどの装飾小物、ご着用の時にお使いいただく着付け小物やギフトに最適な和雑貨、結婚式や成人式・行事ごとなどに便利な着物レンタルなど、定番品から一点もの、レンタル品まで多数取り揃えております。
みなさまの思い出作りにご活用いただけたら幸いです。ぜひお気軽にご利用ください!