黒留袖・色留袖を着る際に必要な小物リスト

~これで安心!黒留袖・色留袖を着用する時に必要な小物まとめ~

こんにちは!こだわりきもの専門店キステの水野です。

前回は、結婚式の着物~黒留袖・色留袖編~をお届けしましたが、今回は留袖を着用する際に必要な小物をリストアップしてみました!

実際に着られる時のご参考にしていただけたら幸いです♪

黒留袖・色留袖に合わせる草履とバッグの選び方のポイント | 留袖に最適な草履バッグセット

2018.11.08

着物は合わせるバッグで一層ステキになる!和装バッグの選び方のポイント

2018.09.07

もう悩まない!着物に合わせた草履の選び方 | 草履選びのポイント

2018.09.05

結婚式の着物~黒留袖・色留袖編~

2017.02.02

黒留袖・色留袖ご着用時に必要な小物一覧

洋服を下着から身につけていくように、和装もいくつかのアイテムを重ね着して着用します。

着物と帯以外で必要な小物を、下に着ていくものから順番にご紹介していきます!

1.肌着(肌襦袢・裾よけ・ワンピース肌着)

まずは、素肌の上に直接着る肌着から。

洋装に例えるとインナーの部分にあたり、保温・吸汗の役割があります。

また、大切な長襦袢やお着物が汗を吸って変色してしまうのを防いでくれる役割も担っています。

上半身には肌襦袢を直接素肌の上から着用し、下半身にはショーツの上から裾よけを巻きスカートのようにして身につけます。

また、肌襦袢と裾よけが一体となったワンピース肌着(和装スリップ)もあり、大変便利です。

左から肌襦袢、裾よけ、ワンピース肌着(和装スリップ)

>>肌着・襦袢をもっと見たい方はこちら

2.足袋(白色)

留袖を着用するような正礼装では、必ず白色の足袋を着用しましょう。

サイズは、靴のサイズよりも0.5センチ小さめを選ぶのが基本とされています。

>>足袋をもっと見たい方はこちら

3.長襦袢(白色)

肌着を着用したら、次は長襦袢を着ます。

洋装に例えると、見せキャミソールのようなもので、足さばきをよくし、汗や皮脂汚れから着物を守る役割もあります。

長襦袢にも格があり、装いに合わせて色や柄を選ぶ必要があります。

色付きの長襦袢もありますが、色が淡ければ淡いほどフォーマル度が強くなります。

そのため、留袖を着用する正礼装では、白色の長襦袢を着用します。

また、半衿と衿芯は長襦袢に付けます。

>>長襦袢をもっと見たい方はこちら

4.半衿(白色)

着物の衿元から見える半衿は、正礼装での黒留袖・色留袖であれば、長襦袢と同じく白を合わせるのがマナーです。

必ず白地ベースのものを選び、白や金糸・銀糸で刺繍があるものだと最高格となり、なおよいでしょう。

半衿は、着用するまでに長襦袢に縫いつけておく必要があります。

>>礼装用半襟をもっと見たい方はこちら

5.衿芯

衿芯は、着物の衿元を整える役割があり、長襦袢に縫いつけた半衿の中に通して使います。

>>衿芯をもっと見たい方はこちら

6.腰紐

着物の着付けから帯結びまで、なくてはならないのが腰紐です。

個人差はありますが、3本ほどあれば安心です。

また、長さ調整も可能な伸縮性のあるゴムベルトタイプ(ウエストベルト)は、食事の際などに紐が締まりすぎて苦しくなる心配もありません。

上が腰紐、下がゴムベルトタイプ

>>腰ひも、ウエストベルトをもっと見たい方はこちら

7.伊達締め

着崩れを防ぐ目的で使用する伊達締めは、腰紐よりも太いベルトのような紐です。

長襦袢と着物でそれぞれ1本ずつ使います。

>>伊達締めをもっと見たい方はこちら

8.コーリンベルト

着物の前を合わせるときに腰紐や伊達締めの代わりに使います。

ゴムのベルトなので体を締め付けることなく、ゆったりとした着姿になります。

必ず必要という訳ではありませんが、あると便利なアイテムで、特に普段着の装いにおすすめです。

>>コーリンベルトをもっと見たい方はこちら

9.補正パッド(またはフェイスタオル)

腰が反りぎみの姿勢だと、帯を結んだ際に凹みができ、お太鼓がうまく決まらなかったり、たれにシワや歪みが生じたりします。

その際に、補正パッドやご家庭のフェイスタオルなどを使い、形を補正します。

10.帯板

胴に帯を巻く際に、二巻目に帯板を差し込み、前帯にシワができないようにするための薄い板です。

一般的に、長いものはフォーマル用に、短いものはカジュアル用にと使い分けます。

>>帯板をもっと見たい方はこちら

11.帯枕

帯結びのお太鼓山を決める、帯結びには欠かせない小物です。

一般的には大きくて厚めの帯枕はお太鼓の山に高さと膨らみをもたせるため、礼装用の帯結びに使います。

>>帯枕をもっと見たい方はこちら

12.帯締め

帯締めは、帯の上にしっかりと締める帯結びをしっかりと支える紐のことで、正礼装の留袖の場合は白・金・銀の帯締めを使います。

一般的に平組よりも丸組、丸組よりも丸ぐけの方が格上になりますが、そこまで厳密に分ける必要はありません。

また平組の場合、太い方がフォーマル度が高くなります。

>>礼装用の帯締めをもっと見たい方はこちら

13.帯揚げ

帯枕にかぶせて使う布のことで、半衿や帯締めと同様に正礼装には白・金・銀以外の色は使わないため、留袖には白または白地に白・金・銀の縫い取り、総絞りのものを合わせます。

素材は綸子(りんず)や縮緬(ちりめん)が使われますが、素材によって格が上下することはありません。

>>礼装用帯揚げをもっと見たい方はこちら

14.末広(祝儀扇)

表が金紙、裏が銀色の扇子のことで、扇の形が「末広がりで縁起がよい」ことから礼装用の必需品となりました。

扇子のように広げて使うのではなく、帯の間に垂直または内側に少し傾けて、金紙を正面に向けて挿して使います。

>>礼装用の帯締め、帯揚げ、末広の3点セットはこちら

15.草履バッグ

留袖に合わせる草履とバッグは、金色・銀色を基調としたものを使うのが一般的です。

礼装用の草履は、かかとが高ければ高いほどフォーマルとされており、花緒や草履台、バッグとのコーディネートなど、トータルのバランスを考えて、草履とバッグがセットになったものを着用することが多いです。

また、礼装用のバッグは小ぶりなサイズが多く、荷物が入り切らない場合がほとんどだと思います。

その場合は、和装用のサブバッグやお手持ちの上質なバッグをサブバッグとして使用することもでき、会場内ではクロークなどに預けておくとよいでしょう。

>>礼装用草履バッグセットをもっと見たい方はこちら

まとめ

いかがでしたか?

今回は、留袖を着る際に必要な小物リストをお届けしました。

こうしてリストアップしてみると、かなりの数の小物があって揃えるのも大変ですが、しっかりと準備をして、よい思い出を作ってくださいね♪

もし留袖をお持ちでなかったら、着物・帯・小物が全て揃ったフルセットレンタルを利用するのも一つの手かもしれませんね♪

黒留袖フルセットレンタル

>>黒留袖を着るのに必要なものが全部揃ったフルセットレンタルはこちら

色留袖フルセットレンタル

>>色留袖を着るのに必要なものが全部揃ったフルセットレンタルはこちら

黒留袖・色留袖に合わせる草履とバッグの選び方のポイント | 留袖に最適な草履バッグセット

2018.11.08

着物は合わせるバッグで一層ステキになる!和装バッグの選び方のポイント

2018.09.07

もう悩まない!着物に合わせた草履の選び方 | 草履選びのポイント

2018.09.05

黒留袖・色留袖を着るときに必要なものとは? | 着物を着るのに必要な小物

2018.08.30

着物を着る時に必要な小物とは? | 装飾小物・着付け小物・便利小物一覧

2018.08.22

もう迷わない!帯の種類と合わせる着物まとめ | 失敗しない帯の選び方

2018.08.20

着物の種類と最適な着用シーン | 失敗しない着物の選び方

2018.08.18

結婚式の着物~黒留袖・色留袖編~

2017.02.02

ジューンブライド ~結婚式・披露宴の和装マナー~

2016.05.18

こんなとき、どんな着物?~結婚式やパーティーに着物で参列しよう!【着物TPO:パート1】

2016.04.20

黒留袖・色留袖に相応しい人気の草履バッグセット5選

2015.10.19

留袖に最適な草履バッグセットのデザインとは?〜黒留袖・色留袖着用時の草履バッグセットの選び方〜

2015.10.17

知ったらもっと好きになる!留袖の柄・文様の意味と由来について part2

2015.09.14

知ったらもっと好きになる、留袖の柄・文様の意味&由来について

2015.09.11

結婚式ではぜひ和服を!格式ある黒留袖のマナーについて

2015.08.07

黒留袖の必需品!「末広」の使い方と式場マナー

2015.08.05

「もっと自由に・もっと自分らしく」
着物ライフを楽しみませんか?


キステでは、着物をより身近に楽しんでいただくためにネット通販を行っております。
トータル和ライフセレクトショップをテーマに、着物や帯などのメインアイテムから、草履や草履バッグセット、帯締め・帯揚げ・髪飾りなどの装飾小物、ご着用の時にお使いいただく着付け小物やギフトに最適な和雑貨、結婚式や成人式・行事ごとなどに便利な着物レンタルなど、定番品から一点もの、レンタル品まで多数取り揃えております。
みなさまの思い出作りにご活用いただけたら幸いです。ぜひお気軽にご利用ください!