着用するシーンで変わる
| 訪問着に合わせる帯 |




着用するシーンで変わる<br>| 訪問着に合わせる帯 | - こだわりきもの専門店キステ

着用シーンや季節で変わる
訪問着にお勧めの帯を
コーディネートと共にご紹介します

| 着用シーンリスト |

Scene List

| 結婚式 |

Wedding

「季節感」と「華やかさ」
参加する結婚式の「立場」を考慮しつつ
個性を引き立てるコーディネートを

基本は「金」ベースが主流

着物の中にある色が入った華やかな帯を合わせます。

柄は祝いの席に相応しい「吉祥文様」が好まれます。
特に「華紋」は華やかで色彩も豊富なので様々な訪問着に合わせやすく、人気があります。

訪問着に映える帯が魅力的

金色にこだわらず、訪問着に映える帯を合わせれば、結婚式に相応しいコーディネートに。

帯の合わせ方を工夫すれば、地色の濃い着物も華やかに着こなせます。個性も引き出すことが出来るので、洒落感も一層高まります。

四季折々の花柄で華やかに

花柄は色も多彩なことから祝いの席にはぴったり。
菊や牡丹、桜の花は日本を代表する花として通年使える柄といわれていますが、花の咲く季節に合わせて着用すれば、洒落感が増します。

帯も花が描かれたものを選び、華やかな着こなしを楽しみましょう。

| お勧め商品 |

Recommend Item

| 入学・卒業式 |

ceremony

春らしい暖かな色合いと
お祝いに相応しい華やかさを
派手すぎない母親らしいコーデがお勧め

着物を引き立てる帯合わせ

上品なグラデーションカラーの帯を合わせ、着物の個性を邪魔しないコーディネートもお勧めです。

帯の色と着物の色に統一感を持たせることで、優しい雰囲気に着こなすことができます。

上品さと若々しさを忘れずに

金の強すぎる帯を選ぶと、主張が強い印象に。
あくまでも主役はお子様なので、上品な着こなしになる帯がおすすめ。

ですが落ち着きすぎても老け込んでしまうので、帯には朱色や淡いピンク色等が入った多彩なものを選ぶと、若々しく着こなせます。

| お勧め商品 |

Recommend Item

| 七五三 |

753

お子様と一緒に着物でお祝い
主役を引きたてつつ
着物で七五三を楽しみましょう

定番の「金」で華やかに

お祝いにはやっぱり金色。締める帯を迷ったときは、誰が見ても間違いのない帯でお祝いの席に相応しいコーディネートを。

優しい藤色の訪問着に金色の帯は女性の淑やかさを際立てます。お子様の着物姿も邪魔しないおすすめの組み合わせです。

「秋」を意識したコーデもおすすめ

菊の花やススキなど、秋の草花が描かれた帯を選んで七五三の季節に合ったコーディネートもお勧めです。

落ち着いたシャンパンゴールドの帯は、訪問着を派手過ぎず華やかに引き立てます。

| お勧め商品 |

Recommend Item

| お宮参り |

omiyamairi

生まれて初めてのお子様とのお祝いの日
お祝いする時期に合わせた
コーディネートがお勧めです

「金」と「銀」で華やかに

大きめの柄が描かれた着物には、細やかな柄の帯がよく合います。光の強い金色も、銀と組み合わさることで程よい輝きになるので、派手すぎない上品な着こなしに。

ポイントで入る朱や紫の差し色が華やかな印象にしてくれます。

色の多い帯でどの季節でも対応

グラデーションの帯は様々な色の着物に合わせられるので、年齢層、季節も問わず使いやすい帯です。

七宝などの有職文様は季節を選ばずに使うことができるので、一本持っていると重宝します。

| お勧め商品 |

Recommend Item


総数100本以上

| 訪問着にお勧めの帯はこちら |

袋帯を見に行く

(C) 2020.01 kodawarikimono senmonten Kisste